屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

  • TOP > 
  • ブログ > 
  • 屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

2021/09/25

こんにちは!スタッフの大和です☆

 

雨とともに肌寒い日々が続いていますが皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

 

先日ご紹介した屋根のラジカル塗料のお話はもうお読みいただけましたでしょうか?

 

本日はその際に少しだけ触れた【フッ素塗料】のお話をさせていただこうと思います。

 

屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

 

【フッ素塗料】とは、塗料の主成分が合成樹脂で、その樹脂にフッ素が含まれる塗料のことです。

近年では、歯磨き粉やフライパンの表面加工などにも使用されており、身近なものになっています。

 

フライパンでご想像がつきやすいかと思いますが、フッ素塗料は、汚れが付きにくく、綺麗な状態で塗膜の寿命を長持ちさせることができるのです。

 

塗料にはシリコン塗料やウレタン塗料より高価ですが、その分高性能と言われているのです。

 

以下に簡単に特徴をまとめてみます(^_-)-☆

 

1.耐熱性に優れている 

耐熱性は太陽熱や紫外線などから外観などを守る性能になります。

フッ素系塗料ですが太陽の光や紫外線に強いのが特徴になります。

他のグレードでも耐熱性がある塗料は存在しますが、フッ素塗料は中でも耐熱性が最も優れているといえます。したがってフッ素塗料は、紫外線によって塗料の成分が破壊されにくく、塗膜の色褪せや劣化が進みにくいのです。

 

2.親水性に優れている

親水性とは、水と密着する性質のことです。

フッ素塗料は、親水性が非常に優れており、汚れが付着しても水が接着面に入り込んで、汚れを落とす特徴があります。

低汚染性、耐汚染性などとも言いますが、この性質のおかげできれいなお家を維持することができます。

 

屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

3.防カビ性、防藻性

藻やカビが生えにくい性質のことです。

フッ素塗料の塗膜は防藻性や防カビ性が高く、カビやコケの発生を抑える効果があります。

あまり太陽の光が当たらない北側の外壁などは、カビや藻などが発生しやすくなりますが、フッ素塗料で塗装を行うことでカビや藻などの発生を防いでくれます。

 

4.防水性が高い

耐水性ともいい、水の侵入を防ぎます。外壁からの浸水は家にとって大敵ですので、しっかり守れるものを選びましょう。

 

屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

ちょっと長くなりましたが。【フッ素塗料】の特徴についてご理解いただけましたでしょうか。

 

実はこの【フッ素塗料】少し前までは、簡単に塗り替えれない高層タワーなどに使われる高価な塗料でした。

今では一般的に住宅にも施工させるようになりましたので、コストがとおっしゃる方もぜひ!屋根は【フッ素塗料】をお選びください★

 

太陽光や雨の影響が外壁以上に大きく、劣化も早いため、外壁はシリコン塗料やウレタン塗料で

屋根はフッ素塗料でというように塗り分けを行うこともオススメです。

 

一般的に、屋根は外壁より面積が小さいので、塗り替え費用を抑えることができますし、先に劣化が進む屋根をフッ素塗料にしておくことで、外壁と屋根の劣化速度を揃える効果もあります。

 

大塗屋では、日本ペイントの高耐侯性のファイン4Fベストをお勧めしています♪

 

 

屋根塗装 フッ素がおすすめなわけ★

長くなりましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます★

お家の屋根って自分でどんな状態かわからないというかた。まずはお見積もりのお電話をお待ちしています。

無料でお見積もりを行っています(^^)/

 

 

お家専門店 株式会社大塗屋

営業時間 9:00~19:00  

 定休日  火曜日