外壁塗り替えのタイミング

  • TOP > 
  • 外壁塗り替えのタイミング

屋根・外壁はいつ塗り替える?

「塗り替えが必要なのは理解しているけど、いつすればいいのかわからない」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?
こちらのページでは屋根・外壁の塗り替えタイミングについて、岡山市で屋根・外壁塗装を手掛ける大塗屋がご紹介します。
外壁・屋根のチェックリストなども掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください。

屋根・外壁塗り替えのタイミングはどれくらい?

屋根・外壁塗り替えのタイミングはどれくらい?

外壁の劣化は環境などにより大きく異なります。日光や雨風、雪などにより、どれだけダメージを受けるのかによっては、塗り替えサイクルが早まることも少なくありません。また、塗料の種類や性質によっても条件に変化があるでしょう。一般的には約10年ごとに行うべきと言われる外壁塗装。しかしこのように、それぞれの塗り替えタイミングというのは、建物の外壁を直接チェックしなくてはなりません。

外壁・屋根のセルフチェックリスト~住宅健康診断~

※表は左右にスクロールして確認することができます。

チョーキング クラック(ひび割れ) コーキングのひび割れ
チョーキング クラック(ひび割れ) コーキングのひび割れ
手や指で外壁に触れたとき、白い粉のようなものがついたら要注意。外壁の経年劣化が進んでいる状態です。 見てわかるほどのひび(クラック)は見た目だけでなく、建物内部にも深刻なダメージを与える可能性があります。 壁と壁の間の目地に起こるひび割れはコーキングが劣化している証拠。放置せず、外壁塗装を行いましょう。
コケの発生 屋根の退色 屋根のさび
コケの発生 屋根の退色 屋根のさび
日光が当たりにくい外壁にはコケが生えやすくなります。放置すると、見た目やメンテナンス性に問題があります。 日光が直に降り注ぐ屋根は塗料の劣化も早くなります。とくに紫外線の影響が大きく、塗り替えが求められます。 屋根は雨や雪による影響を大きく受ける箇所です。さびが発生しやすいため、チェックが欠かせません。
PICK UP!塗り替え頻度を抑えるには業者選びが重要!

PICK UP!塗り替え頻度を抑えるには業者選びが重要!

屋根・外壁の塗り替えサイクル寿命を延ばすためには、耐用年数の高い塗料の使用がポイントです。しかしそれ以上に大切なのが塗装業者の施工。どんなにグレードの高い塗料を用いたとしても、丁寧に塗られていないと効果がしっかりと発揮されません。

そのため、高い塗装技術や知識、丁寧な対応が行える地域密着の有料塗装業者を選ぶことは家の寿命を延ばすことに直結します。なお、当社では確実な施工を目指すために塗料の4回塗りを実施しています。お客様に確かなサービスをご提供できるよう努めておりますので、ぜひご相談ください。