屋根塗装について

  • TOP > 
  • 屋根塗装について

屋根塗装の必要性と放置のリスク

岡山市で外壁塗装を手掛ける「大塗屋」が、屋根塗装に関する基礎知識をご紹介します。
雨漏りなどが起こってしまったら、すでに内部の劣化などがはじまっているかもしれません。
早めにご相談いただくことで、お客様のご負担を最小限にとどめます。屋根塗装のことなら、ぜひ当社までご相談ください。

屋根塗装とは?

屋根塗装とは?

屋根リフォームの中でもっともコストを抑えて実施できるのが屋根塗装です。屋根材に塗料を塗布することで、紫外線や雨風から家屋を守ります。なお、塗料には耐用年数が決まっているので、劣化前に塗り替えを行う必要があります。

屋根塗装をする時期

以下のような症状がご自宅の屋根に出ているのなら、早急な屋根塗装が必要です。

雨漏りの発生 雨漏りは屋根の機能が失われてしまっている証拠です。場合によっては、屋根全体のリフォームとなる葺き替えが必要になる可能性もあります。
屋根の割れ 屋根材の耐用年数が切れ、防水機能が失われている状態です。塗装だけでなく、屋根材の交換も必要になります。
コケ・カビ・汚れ 屋根の防水機能が失われているほか、塗料の効果も切れてしまっている状態です。
色のバラツキ、色褪せ 屋根の防臭機能が失われているほか、塗り替え時の塗料の耐用年数が切れている可能性があります。
金属部分の腐食 トタン屋根などの防水機能や塗料の効果が切れてしまっているため、金属が腐食している状態です。
屋根塗装を行わないことによるリスク

屋根塗装を行わないことによるリスク

雨漏りの発生

塗料には防水効果があり、室内に雨などを侵入させない役割を担っています。しかし、塗料の経年劣化が進むと、屋根と室内の間にすき間ができてしまい、水滴が落ちてきてしまいます。とくに、屋根が平らな状態でできている建物はそもそもが水を溜めやすい構造です。防水対策が必須と言えるので、塗り替えについてもしっかと検討しましょう。

快適性の低下

外部の熱を遮断する「断熱機能」も塗料の役割のひとつです。もしも塗料が経年によって劣化すると、壁の腐食といった悪影響も考えられるでしょう。これらの条件が重なると、外部からの熱気や寒気が室内に入り込みやすくなり、快適性が低下します。エアコンなどを強める必要も出てくるため、光熱費が高くなることも懸念されるでしょう。

高額の大規模修繕

建物に使われている木材は水を吸います。水分を吸収した木というのは、その部分から腐ってしまうのです。また、コンクリートの場合は水分によって中性化が起こると、強度が低下する性質を持っています。こうなってしまってから塗り替えを行ってももう手遅れです。残念ながら、取り替えといった高コストの大規模修繕を行わなくてはなりません。定期的な塗り替えさえしておけば、避けられるはずの出費と言えるでしょう。

「起きてから」ではなく「起こる前に」

屋根修繕というのは、問題が起こってしまった時点ですでにかなりの劣化が見込まれます。すでに建物にも大きなダメージが蓄積されているかもしれません。場合によっては、かなりの費用をかけてリフォームが必要になる可能性もあるでしょう。

こうした事態を避けるためには、外壁の小まめなチェックと早めの対応が大切です。早期に問題を見つけられれば、屋根は塗り替えのみの工事でも十分に長持ちします。結果的に、トータルコストも安く抑えられるでしょう。少しでも不安があるなら、ぜひ建物診断を受けてみてください。